読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おにメモ

SIerを辞めてフリーランスになったシステムエンジニアのブログ。

歯医者で虫歯を抜いてきた話

話は一ヶ月ほど前に遡ります。歯の右側が全体的に痛くなったんですね。ずきっ! とか激しいものではなく、なんだかじんじんと静かに痛む。

こりゃ、あかん。

と思って、歯医者にいったわけです。

そうしたら、何か歯科大学出て2年めくらいの若者が「あー、こりゃ、神経ぬいたほうがいいですね」と言ったわけです。

いつも思うんですけど、どうして歯医者ってのは、こじゃれた喫茶店で紅茶でも嗜もうという気軽さで、神経を抜きにくるんでしょうね?

まあ、致し方ない、と思ったわけですが、ちょっと次に通うまで間が空きそうだったんですね。また、今はそれほど痛くなかったので、とりあえず、その場は何もせず、次よろしくね、と言って帰ったわけです。

家に帰ったら、嫁がぷるぷる震えた

「治療はまた今度にしてもらったよ」と奥さまに報告したら、奥さまが震えだしまして。「痛いんだから、早く治療したほうがいいんじゃないの?」と。

そんなに焦んなくてもいいんだけどなー。

そう思いつつも、不安がる細君を放置するわけにもいかず、即座に予約を入れ直して、数日後にリベンジしたわけです。

そうしたら、前の若造とは違い、アラフォーくらいの先生がいました。

「別に神経を抜いて、治療してもいいんだけど」

先生はじっと、レントゲンを見て、こう言ったのです。

「歯を抜こう!」

まるでピクニックに行ってサンドイッチを食べよう、というように。

抜歯のススメ

ポイントを整理すると、以下のような感じでした。

  • 治療対象の歯のせいで、そこは歯並びが悪い
  • よって、前後の歯に食べ物が詰まりやすく、歯が磨きにくい
  • その結果、そこは虫歯になりやすい
  • 下との噛合せでも、その歯は使っていない。

つまり、神経を削ってまで残す価値がない、とのことです。

先生のご指摘のとおり、そこだけ歯がぽこんと横にハミってるんですよね。おかげで、そこの歯並びは魔のバミューダ・トライアングルを形成していて、物は詰まりやすいわ、ブラシッグは難しいわで、虫歯の温床になっている場所です。

以前も、別の歯医者で、そこはヤバい、と指摘されたんですよね。そのときは虫歯とかではなかったので「何かあったときに考えましょう」で終わっていました。

その、何かあったときがきたのだなあ、と。

意外とすんなりと「じゃあ、抜歯でよろしく!」と答えていました。

抜歯当日

というわけで、一週間後に歯を抜くことになりました。

抜歯作業を順番に書くと、こんな感じです。

  • 抜く歯の周辺の歯茎に麻酔注射を打つ
  • 針がちくちくする。たまに苦い汁(麻酔薬)が垂れる
  • そのまま10分放置される
  • 歯茎がぴりぴり麻痺する
  • 先生がやってきてペンチを口に突っ込み、歯をぐりぐりとし始める。
  • ぐぐーっと力がかかってくる&メリメリと嫌な音がする。
  • きゅぽん!(実際にこんな音はしない)

ちなみに、お値段は1000円ちょっととやすかったです。

正直、抜くこと自体はたいして痛くないです。抜いた後、麻酔がきれると痛みだしますが、鈍痛という感じで、それほど激しくはないです。それも12時間弱で痛みもおさまりました。痛み止めもくれるので、最悪の場合はそれを呑めばいいですね。

どちらかというと、抜き終わった後の違和感がやばいです。

  • 今まで歯のあった場所にぽっかりと空間が空いている。
  • というか、歯茎そのものがへこんでいる

バミューダトライアングルの一角が崩れたわけで、歯はすっきりしたのですけど、逆にすかっとしすぎていて、あれ、ここの残った歯たち、これからやっていけるの? という漠然とした不安がありますね。

強く噛んだら、何だかぐらぐらしてすぐ抜けちゃわない? みたいな。

いったい、いつになったら慣れるんだろう、と少し不安になります。

注意事項としては、当日の入浴、飲酒はNGとのこと。また、歯茎の肉が盛り上がってくるまでには2ヶ月ほどかかる、とのことです。

で、後悔しているの?

どうなんでしょうね?

痛くて仕方がない歯だったら抜いてくり! という感じなのですけど、抜いた当時は特に痛くなかったですからね。

それに、選択肢としては神経を抜いて残す、という手もあったわけです。

何か、抜いたのはちょっと早計だったのかな? と思わないでもないですね。ぎりぎり限界まで粘ったほうが良かったのかも、とか。歯は生えてこないですから。

とはいえ、当該箇所が歯を磨きにくくて、問題を抱えていたのも事実です。

なので、後悔、というより、判断の正しさに迷いがある、という感じですね。

ただ、その答えが出るのは10年後20年後のことでしょう。もう抜いてしまった以上、ここは割り切って、楽観的にいくしかないですね。

歯を抜いてから2週間後の記事はこちら

onipad.hatenablog.com