読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おにメモ

SIerを辞めてフリーランスになったシステムエンジニアのブログ。

バルミューダ炊飯器サイトの「開発ストーリー」が面白い

トースターに革命を起こしたバルミューダが、ついに炊飯器を出すそうです。何というか、すさまじく期待値が高まります。

紹介サイトがこちら。

www.balmuda.com

この紹介サイト、オシャンティーな造りなんですけど、よくよく文章を読んでいくと、けっこう変なことを書いているんですね(笑)

特に「ストーリー」という項目がすごく味わい深いです。

おいしいごはんの秘訣は!

まずは、おいしいご飯の条件とはなんぞや、というのが一丁目一番地であります。

というわけで、調査班が一ヶ月もの時間をかけて調べ上げ、その秘密をついに解き明かします。

「おいしいごはんの1番の秘訣は、炊飯方法よりも、高いお米です!」

いや、知ってるからwww 調べんでも、それ、みんな知ってるからwww

ていうか、それを方針とするなら、炊飯器そのものが、否定されていますよね。

でも、それが次の方針を決定づけてしまいます。

私たちは大事なことを忘れていたのです。

それなら、ご飯をおいしく炊くより、おいしいご飯を瞬間冷凍して、解凍専用の電子レンジでチンすればいいじゃないか! と結論にいたり、研究をすすめていくんですね。

液体窒素まで持ち出して、急速冷凍の実験を行うと。

でも、ある日気づいたらしいです。

私たちは大事なことを忘れていたのです。解凍したごはんよりも、炊きたてのごはんの方がおいしいということを。

知ってた! 知ってたよ、それも!w

なぜそこに、ようやく気づくんだ、バルミューダ!www

オシャンティーな背景画像の脇で淡々と語られる、微妙に狂気をはらんだ散文がなかなか笑わせてくれます。

でも、バルミューダの本気はここからだったんですね。

バルミューダパナソニック先輩に喧嘩を売る

ようやく正道に戻ったバルミューダは炊飯器開発に着手。そして、ある事実に気づくのです。

開発の途中、土鍋や羽釜のごはんは、炊飯中に踊っていないことを発見。お米が踊るということは、せっかくのエネルギーが運動に変わっているということにもなります。

お米が、踊るのは、無駄?

なんと。

おどり炊き、全否定!!!

「おどり炊き」といえば、パナソニックなわけです。もう、その、踊って炊くさまを、無意味だと大上段に切って捨てているわけです。

これはもう、挑戦状ですよね。バルミューダから、既存の炊飯器たちへの。「駆逐してやる!」そんな意気込みすら感じます。

攻めてますよね。それほどの自信作なんでしょうか。

で、買うの?

お値段が、税込みで4万5000円くらいなんですよね。金額的にはお高いですけど、炊飯器の価格帯って10万オーバーもごろごろしているので、価格帯としては中間ライン。買い求めやすい金額ではあります。

我が家の炊飯器は、奥さんが独身時代から使っていた定価8000円もしないであろう、ローエンドモデル。

というわけで、おっかなびっくり奥さまに相談してみると。

奥さま>いいんじゃない? 買っても。

と、満更でもない様子です。

バルミューダ炊飯器には保温機能がない、という点については「保温機能がないのは売れないかもねー」とシビアに評価していましたが、我が家では保温機能を使わないので、当面は問題ありません。

さて、あとは心を決めるだけですが、どうしたものでしょうか。