読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おにメモ

SIerを辞めてフリーランスになったシステムエンジニアのブログ。

2016 嫁に見せたアニメと、その感想

うちの奥さまは「ナルト」と「進撃の巨人」が大好き、と公言しています。

昔から少年マンガに抵抗がない、というか大好きだそうです。それならと、いくつかアニメを一緒に見ました。せっかくなので、その反応を簡単にまとめておきます。

うしおととら

奥さま評価:○

もともと、うしとらが好き、と奥さんが言い出したので、アニメを見ることになりました。これは奥さん、すごくハマっていましたねー。炸裂するとらのツンデレっぷり「くそ! お前はわしが喰うんだ! 死ぬんじゃねえ!」みたいな(笑) がすごくお気に入りだったようです。

最後の白面の者との激闘は、毎週毎週すごく楽しみにしていましたね。

「まぜるなー! きけんだー!」のOPはうしとらの世界とぴったりハマっていて、それもすごく気に入っていました。

逆転裁判

奥さま評価:☓

私が同名タイトルのゲームが好きだったので、見ることになりました。が、奥さまには大不評(奥さまはゲーム版の逆転裁判は未プレイ)で、最後まで見ることなく終わりました。

曰く「弁護士の友人がいるけど、こんなんじゃない!」とのことでした。いやー、そこはフィクションなんだけどー、とは思ったんですけど、入り口で違和感を覚えるとダメですよね。

アルスラーン戦記 風塵乱舞

奥さま評価:△

奥さまが作者の田中芳樹を知っていたので(読んだことはない)、一緒に視聴。特に拒絶反応もない代わりに、すごく面白そうという感じもなく、淡々と見ていました。

ストーリー的にも盛り上がる部分ではなく、つなぎの部分だったってのもありますが。

ワンパンマン

奥さま評価:○

これはすごく面白がっていましたね。

いろいろと誤解されがちな最強ヒーローで主人公のサイタマが、ワンパンチで相手を沈める痛快さに夫婦揃って酔いしれていました。ワンパンチの爽快感と、きめるときにはきめる感じがたまらない様子です。

僕のヒーローアカデミア

奥さま評価:○

連続ヒーローものだ! というわけで、そのまま僕のヒーローアカデミアを見ました。タイバニ+ワンパンマン+ナルト=ヒロアカ、みたいな感じで、うまく既存作品のいいところをミックスさせた作品です。

ぼろぼろの体でもみんなを守るために強ぶるオールマイトの姿と、一撃大破のワンパン野郎デクくんがたった一発の大技でどうピンチを切り抜けるのか、という点が非常に熱く、私も奥さまも大興奮。

「次! 次!」と凄まじい勢いでリクエストされ、録画分があっという間に消えました。

JOJOの奇妙な冒険 第四部

奥さま評価:○

もともと「JOJOは絵柄がねえ。。。」と否定的で読んだことがないそうです。

開始早々もあまり興味がなさそうでしたが、だんだんと個性豊かなスタンド使いの姿や、決して仲間を見捨てず、苦境に立ち向かう仗助の姿に惹かれていったのか、ぐいぐいとハマっていきました。

吉良吉影との最終決戦も非常に熱く、終わった後「第三部も撮りだめしているけど、見る?」と言ったら、ふたつ返事で「見たい!」とのことでした。

ガールズアンドパンツァー

奥さま評価:△〜○

「有名なガルパンを見てみたい」という奥さまのリクエストで視聴。

本格的に戦車道の戦いが始まってからは、けっこう集中的に見ていました。次々と仲間の戦車が倒されていきながらも、肉を切らせて骨を断つ的な戦術で紙一重で相手を倒してく様は楽しんでいたご様子です。

割と気にいっていたようですが、そこまでブレイクした感じはない? という様子です。ふつうに楽しんでいた、って感じでしょうか。

「いやー、男子の好きそうなものが全て詰まっている作品だねー」とのことです。

魔法少女まどか☆マギカ

奥さま評価:○

年末に連続放送されていたのを録画して視聴。最初は「まどまぎ? 知らないなー」という様子で第一話も「うーん、わからん」という感じでした。が、第二話キャラクターと世界観が頭に入ってからは「気になる! 次!」みたいな感じで一気に、ノンストップで全12話を完走しました。

奥さまはまどマギの前提知識のない人なのですが、キューベーについては第二話の時点で「こいつむっちゃ悪魔やん!」と言い切っていたので、人を見る目の鋭さに脱帽しました。願いを何でも叶えてやるから、僕と契約して〜というくだりが露骨すぎたそうです。

あと「まどか」にはけっこういらいらいしていたようで、「魔法少女になって自分も戦うか、一切手を引くか、どっちかにしなさい! 中途半端はダメ!」と手厳しい意見を述べておりました。

全体としては大満足だったようです。だんだんと本性を出していくキューベーによるストーリーテリングがよかったのかもしれません(笑)。