読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おにメモ

SIerを辞めてフリーランスになったシステムエンジニアのブログ。

【MHXの思い出】各武器のおすすめスタイル+狩り技の紹介

モンハン ゲーム

MHXの時点で武器種14種とスタイル4種とてんこもり状態だったのが、さらにスタイル6種に拡張され、合計84通りのパターンが解放されるMHXX。

MHXXから始める人とか、どのスタイルでいけばいいのかわからねーよ! となっちゃうレベルです。

というわけで、MHXで私が各武器でどのスタイルを扱っていたかを書いておきます。

私が扱えない武器である狩猟笛、チャージアックス、ライト/ヘヴィボウガンについては対象外としています。ごめんなさい。

大剣

採用したのは以下です。

  • ブシドー
    • 絶対回避【臨戦】

ブシドーの安定感が好きで、私はブシドーを採用しました。ただ、流行としては、ギルドスタイル+絶対回避と絶対回避【臨戦】となります。

いずれにせよ、絶対回避【臨戦】は大剣だと外せない狩り技です。大剣の場合、溜まり次第で使い続けると、ずっと白ゲージをキープできますからね。

せめて、【臨戦】とどっちを搭載するか迷うレベルなくらい、大剣の固有狩技が使い物になったらよかったんですけど(白目)

大剣の固有狩技は残念な感じですね。

MHXXでは、大剣もブレイブモードだと「抜刀状態」の立ち回りを問われます。よって抜刀会心を除外した、白疾風一式+ブレイブスタイルを楽しみにしています。

太刀

採用したのは以下です。

  • ギルド
    • 練気解放円月斬り3
    • 絶対回避【臨戦】

正直、特にこだわりがないのなら、ブシドーのほうがいいと思います。

気になったのはブシドーだと気刃斬りの仕様が既存作からかなり変わるので「このブシドー型に慣れちゃっていいのかな?」と悩んでギルド型にしています。

太刀は固有狩技がかなり優秀なので、狩り技2つ積みは便利です。

「練気解放円月斬り」は桜花より地味な扱いを受けやすいですが、意外と使えます。気刃斬りが出し放題になるので、発動中に一気にゲージを赤まであげるのも無理ではなく、圧倒的な安定感をもたらしてくれます。

片手剣

採用したのは以下です。

  • ストライカー
    • ブレイドダンス2
    • 昇竜撃3
    • 絶対回避【臨戦】

片手剣はブシドーだと「XXAA」コンボが使えなくなってしまったのが非常に痛く、ブシドーの採用を見送り、ストライカーとしています。

ブレイドダンス2で止めている理由は、3だとモーションが長すぎる論を採用しているからです。まあ、大きな隙に叩き込むのなら、ブレイドダンス2の長さが限界くらいですね。これ以上だと転倒とか、かなり大きな隙を狙うしかないと思うんですけど、それだと狩技の回転が悪くなりますしね。

片手剣はブレイブモードがブシドーの代替によさそうなので、MHXXではブレイブを基本とするかもしれません。

双剣

採用したのは以下です。

  • ブシドー
    • 獣宿し【餓狼】

双剣で確定したコンセプトとなります。あまりにも決まりすぎていて、書くことないですね(笑)

攻防一体のブシドーの安定性+餓狼の俺Tsueeeeeeeeeee! な爽快感。獲物を屠る、イエーガー

ぶっちゃけ、ブシドー双剣とギルドスラッシュアックスはバランス破壊しているよね、というくらい、強いです。

ハンマー

採用したのは以下です。

  • ギルド
    • 絶対回避
    • 絶対非回避【臨戦】

ハンマーの選択肢は消去法です。ストライカーとブシドーの操作がいまいち慣れなくて、結果としてギルドになりました。

狩技も同じく消去法です。ハンマーの固有狩技は物足りないものがあって。クロスでは自己強化っぽい狩技が追加されるので、それの性能次第では面白いかもしれません。

ランス

採用したのは以下です。

  • ストライカー
    • ガードレイジ3
    • 絶対回避
    • 絶対非回避【臨戦】

ぶっちゃけ、ガード性能+2が切れるブシドーのほうがいいと思うんですけど、これも太刀と同じく、操作感覚が既存作品と大きく異なるので、慣れていいものか悩んでガード性能+2をつけたプレイをしているためです。

回避2種は機動力のないランスにはありがたいと言えばありがたいので、初心者ランサーとしては意外と悪くないと感じています。

ただ、やっぱりガード性能+2は重いですねえ。。。

ガンランス

採用したのは以下です。

  • ストライカー
    • 竜の息吹3
    • 絶対回避
    • 絶対非回避【臨戦】

これもランスと同じく、ガード性能+2を切らないための装備ですね。切っていいのなら、ブシドースタイルがいいと思います。

ガンランスはリミッター解除したの? というレベルでブレイブスタイルが弾けているので、MHXXではそちらに乗り換えると思います。

スラッシュアックス

採用したのは以下です。

  • ギルド
    • 剣鬼形態3
    • エネルギーチャージ3

ブシドー双剣と対をなす、MHX性能ぶっこわれスタイルの双璧です。

剣鬼形態+エネルギーチャージで攻撃力が永続1.2倍というちょっと意味不明なスペックとなっております。

ギルドスタイルはA->Aで出せる2連斬りが非常に火力が高く、連発しているだけでDPSがすごいことになります。狩り技3種で絶対回避【臨戦】を組み込めるストライカースタイルもいいのですが、この2連斬りを失うのが痛くてギルドで留めています。

操虫棍

採用したのは以下です。

  • ギルド
    • エキスハンター3
    • 絶対回避【臨戦】

操虫棍は何かの実験台にでもなったのか、各スタイルの操作感覚がかなり変わっているんですよね。最初にブシドーをやったとき、虫が呼び戻せなくて軽くパニックになりました。

各スタイルへの一般的な評価は以下のように感じています。

  • ギルド=ド安定
  • ストライカー=ちょっと操作が省かれすぎじゃないですか?
  • エリアル=2種ジャンプが意外と使える
  • ブシドー=うまい人が使うとわりと強いらしい?

エリアルとブシドーはエッジがきいていますが、慣れてくると戦えるそうです。私の場合、今作ではそこまで操虫棍を使い込んでいないので、今までのノリで戦えるギルドにしています。

採用したのは以下です。

  • ブシドー
    • 絶対回避

弓もMHXだとブシドー以外の選択肢はない状態ですね。

狩技は移動速度・溜め速度アップのアクセルレインが人気ですけど、私は安定性をとって絶対回避にしています。

弓のブレイブスタイルは明確な火力アップになるので、ブシドーとはまた別の選択肢となりえるでしょう。ただ、問題はG級モンスターの攻撃をいなしても大丈夫なのかという点ですね(笑)

ものすごく赤ゲージが出現しそう。。。